Members 社員紹介

誠実さを忘れずに、
当たり前のことを当たり前にやる。

KANG BAKSHIN 康 博信

PVシステム事業部営業統括部

康 博信

Q1.どのような経緯でハンファグループを選びましたか?

大学卒業後はアパレル業界で総合職(営業)として1年間勤め、その後、韓国語を勉強するために1年間留学しました。帰国後、韓国企業に絞って転職活動を始めました。
韓国企業に絞った理由は、自身が在日韓国人3世なので、仕事に従事しながら自身のアイデンティティを保ちたいと感じたからです。

業界未経験の自分がハンファグループに決めた理由は、面接時に研修に関する質問をしたときに、貿易関係の基本的な研修があることと、自己啓発セミナー等に参加したい場合は会社としては支援体制であることを伺い、未経験でも頑張れそうな環境だと思いました。

また、面接時に「トラブル時の対応」に関する質問が多かったことも、入社の決め手になりました。なぜなら、前職は異業種で勤務期間も1年と短く経験値も高いとは言えないのですが、面接官の積極的な質問から「自身のアパレル業界での経験を、尊重してくれている。」と感じたからです。 自分に対して興味を持ってくれているハンファグループという会社に対し、私自身もより一層興味を持ちましたし、「ここで働いてみたい」という意欲が高まりました。

康 博信

Q2.現在、どんな仕事をしていますか?

入社当初は貿易の部署に配属され、韓国製品を日本に輸入して企業に提案する仕事をしていましたが、それから2~3回の異動を経て、現在の「大型太陽光発電所向け太陽電池モジュール(ソーラーパネル)」の販売を扱う部署に配属されました。

太陽光の仕事は、2010年の8月から担当しているので、営業職としては一番の古株ですね。
当時の会社の方針で、グローバル全体で太陽光事業に取り組むことが決まり、日本での専任担当に選ばれてから現在まで、太陽光事業を専門に扱っています。

主な顧客先は商社、施工業者、発電事業主などの法人です。
具体的な営業活動フローは、事前の企業調査から始まり、アポイント・商談、見積書提出、契約締結・受注、工場への発注、納入、請求書発行・入金確認、最後に納入後の完成図書を提出します。
案件によって関わる期間は異なりますが、最短でも契約までに3ヶ月前後はかかります。

注文書を頂いて製品の納期を決めてから作業を進めるのですが、どうしても進行に遅れが出てしまうこともあるので、その時はお客様に対して真摯な姿勢で報告・説明・相談を行い、打開策を見出します。

Q3.仕事のやりがいについて教えてください

太陽光は、突然急成長した市場で、業界30年の方でも経験したことがないぐらいの規模で市場が大きくなり、2012年~2015年にかけてピークを迎えました。
業界経験の浅い自分は、市場や先輩方に置いて行かれないように、常に最新の情報にアンテナを張り、勉強を欠かさないようにしていました。当時、最前線で結果を出し続けることはとても大変でしたし、苦労もたくさんありました。そんな激動の環境下でも結果を出せた理由は「誠実に対応を頑張った」としか言いようがありません。
いくら商品に関する知識が増えてプレゼンがうまくなり、オーダーを頂いたところで、パフォーマンスが最も発揮されるのは納品のタイミングです。納品できなければ全く意味がないので、確実に成果を出すために、社内の物流チームや品質保証のチームと密に連絡を取り合い、協業体制を整えることに力を入れていました。
内部の連携を強めておくことは、突然のトラブルに柔軟に対応するために必要です。
それは、商品の特性上「工事」を切り離すことができないこと、そして、建設現場は天変地異によって影響を受けるためリスクヘッジが完璧にできないからです。
せっかく輸入した製品がダメになってしまうことや、現場が止まることもあります。
そんなときに、まず社内の協力体制がしっかりしていれば、お客様に対して即座に返答や対応策の提示ができます。また、お客様に対して常日頃から丁寧な対応を心掛けていると、大きなクレームにならずに済むことがあります。基本的なことではありますが、当たり前に挨拶をする、都度お礼の連絡を入れる等の「約束事の連続」が仕事だと思いますので、決して手を抜くことは出来ません。
精神論になるかもしれませんが、誠心誠意対応し続けることを忘れないように心がけています。

今でも忘れられない案件があります。
それは私の「会社案内」がきっかけで、契約が取れたことです。
8億円規模の大きなプロジェクトで、既に他社と契約を結んでいるお客様だったのですが、
なんとか自分たちの製品に切り替えてもらいたいと思い、イチから企画を立てて動いて、特に会社案内は丁寧に作りこんでいたので、努力が実を結んだと実感できました。また、「君自身も信用できる。」とコメントをもらったときは、本当に感慨深いものがありました。

Q4.今後、ハンファQセルズでどんなことをやりたいですか?

今は、課長職に就いたばかりなので、役職負けしないように力をつけたいと思っています。

他の課長が30代後半~40代前半なのに対して、30代前半で課長職に就いているのは私だけですので、少々プレッシャーはありますが、気負いすぎずにやっていきたいと思います。
役職についたことで、「人材教育」と「コスト意識」の2点に対する新たな発見や課題が見えてきたのが面白いですね。課長職に就いたことで入ってくる情報量が増え、今まで点と点だったことが線に繋がり始めていますので、日々積極的に「新たな発見」を見つけて、営業職としても更にステップアップしていきたいと感じています。

Q5.最後に、応募者へのメッセージをお願いします。

仕事そのものに興味を持って、前向きに行動できる人なら、楽しく働けるのではないでしょうか。
物事を多角的に見ようとする姿勢や、粘り強く業務を遂行する根気がある方は、営業職に向いていると思います。何よりも、仕事内容や自分が取り扱っている商材に対して、ちゃんと興味を持つことが大切ですね。自身が所属を検討している団体に対して存在意義を見出し、今後の発展にも意識を向けられる人であれば、どんな環境であっても前向きに取り組めるのではないでしょうか。

康 博信

1日の業務の流れ(ある日)

  • 8:45 出社・太陽光関連のニュースのチェック
  • 9:00 メールチェック
    スケジュール確認
    打ち合わせ等
  • 12:30 昼休み
  • 13:30 客先・商談
    会議・資料作成等
  • 19:00 帰宅

休日の過ごし方

買い物、映画、料理

会社の福利厚生、ココが素敵

5年目 有給3日、10年目 有給3日 給与

1日の業務の流れ 休日の過ごし方 会社の福利厚生、ココが素敵