NEWS ニュース

ハンファQセルズジャパン、 女子プロゴルファー有村智恵選手とスポンサー契約を締結 ―無限のエネルギー源である太陽のように前向きな有村選手をQセルズが応援! 技術を向上し、未来に向かって成長を目指す!―

ハンファQセルズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:キム・ジョンソ、以下「Qセルズ」)は、2018年12月1日より女子プロゴルファー有村智恵選手と1年間のスポンサー契約を締結しました。 

有村智恵選手

Qセルズのグローバル法人であるハンファグループでは、プロ野球・サッカー・馬術・射撃など、様ざまなスポーツを応援しており、ゴルフ選手の後援にも力をいれています。 2018年からは女子プロゴルフ選手を後援する「Qセルズ ゴルフチーム」を発足。 韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアー史上最高の賞金額※のハンファクラシックも開催しています。 

Qセルズでは、顧客の皆様と長いお付き合いとなる太陽光発電システムのように、生涯にわたり太陽の陽ざしが降り注ぐグリーンで楽しむことのできるゴルフを後援していくことで、日本における再生可能エネルギーの普及と、より長くお客様に寄り添いうる企業を目指し、女子プロゴルフを応援しています。 

このたび、新たにQセルズとスポンサー契約に至りました有村選手は、10歳からゴルフを始め、ゴルフの名門校である東北高校に進学。2006年のプロテストではトップ合格を果たし、同年にプロデビュー。2008年の「プロミスレディス」で初優勝を果たすと、その後も優勝を重ね、これまでツアー通算14勝を挙げる。今後の活躍も大いに期待され、日本を代表する女子プロゴルファーのひとりです。有村選手は無限のエネルギー源である太陽のように力強くチャレンジし、努力を惜しまない姿を常に見せてくれます。その姿にQセルズは、製品に対する企業姿勢を重ね、この契約を通じて応援を行っていく運びとなりました。 

■バイザーのツバ左部にロゴ

有村選手は、今シーズンよりJLPGA公式競技会に参加する際、Qセルズのロゴをつけたキャップ及びバイザーを着用してトーナメントに挑みます。
 
今後Qセルズは、有村選手の応援とともに、未来を見据えたさらなる技術の向上・成長を目指し、太陽光発電システムによる再生可能エネルギーの普及と日本の脱炭素社会の実現に向け尽力してまいります。
 

※2018年8月KLPGA調べ

有村智恵選手 プロフィール

1987年11月22日生まれ。熊本県熊本市出身。2006年にプロテストに合格し、数々の大会で優勝。
2018年サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメントでは6年ぶりに優勝を果たすなど女子プロゴルフ界の一線で継続的に活躍するとともにTV番組等へも出演するなど多方面で活躍。

【ハンファQセルズジャパン株式会社について】

1984年に韓国最大手企業であるハンファグループの日本法人として設立。太陽光発電関連事業(太陽光モジュール輸入販売、IPP事業)をはじめ化学品、鉄工、機械・設備、自動車部品、IT関連機器等、多部門にわたる基幹産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を30年以上にわたり展開している。2011年より日本の太陽光事業に参入し、2017年12月現在で日本向けの出荷量累計3.5GW、住宅設置数30,000棟を達成した。 
URL: http://www.q-cells.jp/