ハンファグループの歩み

1950年代 戦後復興の第一線に立つ

戦後復興の第一線に立つ

1950年から3年以上にわたり続いた韓国動乱のため、韓国の基幹産業は完全に破壊され、国土の大半は廃墟と化しました。創業者故金鍾喜会長は国家経済再建のためには火薬事業が不可欠と判断。1952年、現在のハンファグループの前身である韓国火薬(株)を設立し、産業用火薬の生産・供給をスタートさせました。

1952年10月 韓国火薬株式会社(現:株式会社ハンファ/火薬部門)設立

1960年代 基幹産業でグループの基盤を固める

基幹産業でグループの基盤を固める

韓国は産業構造の近代化と自立経済の確立を成すために経済開発計画が本格化し高度経済成長期へ進出しました。ハンファは韓国経済に不可欠な基幹産業の拡充と輸出の増大を図る一方、次世代の有望産業である機械、化学、貿易、金融、エネルギー分野へ進出し経営の多角化を成しました。特に石油化学部門に進出するなど基礎産業の重要性を認識し基幹産業の育成に力を注ぎました。

1964年1月
シンハンベアリング工業 買収
1965年8月
韓国化成工業(現:ハンファケミカル、ハンファL&C)設立
1966年7月
テピョン物産(現:株式会社ハンファ/貿易 )設立
1968年9月
第一火災海上保険 買収
1969年11月
京仁エナジー株式会社 設立

1970年代 韓国内10大グループになる

韓国内10大グループになる

韓国経済は自立経済と高度成長を実現し、また重化学工業部門への積極参加が経済再生の大きな原動力となりました 。ハンファは韓国プラスチック工業など10余りの会社を設立し産業構造の高度化と経済先進化に寄与し、韓国を代表する企業グループの1つに数えられるまでの発展を遂げました。

1972年12月
韓国プラスチック工業 設立
1973年11月
テピョン開発(現:ハンファホテル&リゾート)設立
1976年5月
ソンド証券(現:ハンファ証券)買収

1980年代 第二の創業、事業の多角化を推進する

第二の創業、事業の多角化を推進する

1981年、新会長に金昇淵会長が就任し、石油化学事業を更に飛躍させ流通、レジャー、社会福祉等へ進出し第3次産業加速化へ集中しました。新しい構想力と展望を持ちハンファグループは金升淵会長の就任により「第二の創業」をスタートさせ21世紀の新事業開拓の第一歩を踏み始めました。

1982年12月
漢陽化学、韓国ダウケミカル 経営権獲得
1983年12月
サムフィ企画(現:ハンコム)設立
1985年12月
チョンアグループ(現:ハンファホテル&リゾート)買収
1986年3月
ピングレイーグルス(現:ハンファイーグルス)創立
1986年6月
漢陽流通(現:ハンファギャラリア)買収
1988年5月
漢陽化学、韓国プラスチック工業 合併
1984年2月
日本法人 ゴールデンベルジャパン株式会社(現:ハンファQセルズジャパン)設立

1990年代 21世紀への再飛躍と成長

21世紀への再飛躍と成長

韓国経済は1997年11月にIMFの管理体制下におかれることとなりましたが、ハンファグループは全てのシステムを改革的に変え、構造調整を断行することによりIMFの試練を飛躍の機会とし、21世紀への新しい飛躍と成長のために内実を固めていくようになりました。

1992年10月
韓国火薬からハンファグループへ名称変更
1996年1月
プタペスト銀行(現:ハンガリー ハンファ銀行)買収
1997年3月
天安北一女子高等学校 設立
1997年12月
ハンファバスフウレタン、ドイツバスフ社へ売却
1999年12月
ヨチョンNCC 設立
1992年3月
ハンファジャパン株式会社(現:ハンファQセルズジャパン)へと社名変更
1995年11月
自社ビル購入(東京都港区芝)

2000年代 グローバル化へのさらなる飛躍

グローバル化へのさらなる飛躍

グローバル経済が本格化している21世紀を迎えハンファは韓国市場を超え世界の企業と競争しなければならないミレニアム経営に着手しました。既存の石油化学、貿易などの事業強化はもとより、未来の戦略事業である金融部門の強化のために2002年大韓生命保険(株)を買収し、証券・保険・投資信託などをあわせたハンファ金融ネットワークの確固たる土台を構築しました。

2000年1月
東洋百貨店(現:ハンファタイムワールド) 買収
2000年3月
ハンファ技術金融 設立
2000年10月
第1回ソウル世界花火大会 開催
2002年12月
大韓生命保険株式会社、新東亜火災海上保険(現:ハンファ損害保険)、63シティ(現:ハンファ63シティ) 買収
2007年7月
アクロパークゴルフコープ有限会社 買収
2007年11月
アメリカのAZDEL社 買収
2009年11月
サイパンワールドリゾート 買収

2010年代〜 世界を舞台にハンファが夢を広げていきます

世界を舞台にハンファが夢を広げていきます
2010年1月
ハンファホテル&リゾート 統合
2010年2月
韓国のプルデンシャル証券及びプルデンシャル資産運用 買収
2010年3月
大韓生命(現:ハンファ生命) 有価証券市場上場
2011年1月
ソーラーファンパワーホールディングスをハンファソーラーワンへ社名変更
2011年2月
ハンファケミカル 中国寧波PVC工場産業生産開始
2011年4月
ハンファソーラーエナジー設立
2012年10月
ドイツ太陽光企業Qセルズ買収
2013年3月
ハンファQセルズジャパン株式会社へ社名変更
2014年7月
ハンファL&Cがハンファ尖端素材へ社名変更
2014年7月
ドリームパーマ買収
2015年2月
ハンファソーラーワン、ハンファQセルズと合併
2015年6月
サムスン総合化学・サムスントータルを買収
2015年7月
サムスンテックウィン・サムスンタレスを買収